• センサ、タッチセンサの日本語ページ
  • sensor,touch sensor English site

一般使用上のご注意

タッチセンサ 一般使用上のご注意

前にもどる

検出感度について

センサの検出感度を決める場合は、次の事を充分考慮して下さい。

  1. センサ感度値≦電極の容量Cp+電極配線の容量Cwならば、タッチする前に動作したままとなり検出できません。
  2. センサ感度値≦電極の容量Cp+電極配線の容量Cw+タッチ容量Coで動作します。
  3. センサ感度値≧電極の容量Cp+電極配線の容量Cw+タッチ容量Coならば、動作はしない事となります。

タッチ容量の参考データ:

  • 大人が椅子に座り、床に足をつけてタッチ電極に触れた時……………………約200pF
  • 大人が10cm位浮き、また人の周囲10cmに何もない時…………………………約 90pF
  • 15mm×15mmのタッチ電極に厚さ50μmのビニールを乗せて指で触れた時…約 30pF
  • 同上タッチ電極を厚さ350μmの綿手袋をして指で触れた時……………………約 8pF

電源について

  1. (1)タッチセンサのタッチ(検知)電極は、検出回路に接続されています。
    従って、センサ用の電源とAC電源間は安全に必要かつ充分な耐電圧と絶縁を確保して下さい。
  2. (2)DC/DCコンバータ電源で1次-2次間の結合容量が1,000pF以下の場合は、1次0V ラインと2次0Vライン間に1,000pF程度の容量で結合して下さい。ただし、コンデンサの耐電圧は必要な値まで充分確保して下さい。
  3. (3)タッチセンサは大地との静電容量を検出していますので、電源が電池の場合は(+)又(-)側を大地 に対し大きな容量を持ったもの(筐体等)に直接あるいは1,000pF程度のコンデンサを介して、 接続してください。
  4. (4)大出力の放送局の近くや、大きなインバータ機器の電源を使用されてDC電源に大きなコモン モードノイズがある場合は、0Vラインに0.1μF以上のコンデンサを介しF.Gに排除して下さい。

配線について

  1. (1)タッチセンサの場合(HPG,HLG除く)
    GNDラインはVCC、OUTラインを含む他の全ての配線と束ね配線はしないで、
    必ず分離配線として下さい。
    タッチ電極に印加された静電気電荷はGNDラインから大地へ排出しますが、VccやOUTなど他の配線が
    平行に近くにあると静電気電荷の移動に伴う高周波高電圧がその配線に静電誘導しセンサを壊すことがあります。
    また、GNDラインは大地に対し大きな静電容量を持つポイントまで、30cm以下の長さを目標になるべく短く、
    抵インピーダンスで配線をしてください。
    長く、高インピーダンスになりますと静電気電荷の排出ができなくなり、センサを壊すことがあります。
  2. (2)HPG,HLGの場合
    GND、F.GラインはVCC、OUTラインを含む他の全ての配線と束ね配線はしないで、
    必ず分離配線として下さい。
    タッチ電極に印加された静電気電荷はGNDラインから大地へ排出しますが、VccやOUTなど他の配線が
    平行に近くにあると静電気電荷の移動に伴う高周波高電圧がその配線に静電誘導しセンサを壊すことがあります。
    また、GND、F.Gラインは大地に対し大きな静電容量を持つポイントまで、30cm以下の長さを目標になるべく短く、
    抵インピーダンスで配線をしてください。
    長く、高インピーダンスになりますと静電気電荷の排出ができなくなり、センサを壊すことがあります。

タッチセンサの使い方

  1. (1)1個のセンサで1個の電極にタッチしたことを検出する場合
    この場合は一般的な使い方です。
  2. (2)1個のセンサで2個の電極にタッチしたことを検出する場合
    センサの電源は1次-2次間の結合容量が15pF程度以下の極めて小さなスイッチングレギュレータ等にして下さい。
    そして、タッチ電極と0Vの2個を電極にし、出力はフォトカプラを介して信号を出力して下さい。
    従って、前記の結合容量(1,000pF程度)を用いてはいけません。

  3. (3)2個のセンサで2点にタッチしたことを検出する場合
    タッチセンサは、高周波発振回路を用いています。
    従って、同一センサを近づけて2個使用すると相互干渉により正しい検出ができません。
    この場合は、異周波数センサが2回路入ったHTSW又は異周波数センサを組み合わせてご使用下さい。

周辺機器等から受ける高周波の影響について

当タッチセンサは、微弱の高周波を使用していますので、周囲機器等から受ける高周波の影響については、
あらかじめ充分な検討の上、ご使用下さい。

耐静電気について

冬の乾燥した時、化繊の服や羊毛の絨緞等の影響を受けて、人体には数千~数万ボルトの静電気が発生します。
この静電気を持った人が、タッチ電極に触れると放電します。
当社のタッチセンサは、外部に何ら部品等を接続することなく15kV~20kV(500pF,500Ωに於いて)の静電気に耐えることができます。
タッチ電極に放電される静電気は全てGNDラインに放出します。
従ってGNDラインは可能な限り短く、あるいは可能な限りインピーダンスを小さくして下さい。
なお、耐静電気は配線の状況や接続回路により変化します。実機でご確認下さい。
GNDラインをコンデンサ等を介し、F.Gに排出すればより効果的です。

使用環境について

水・油・薬品・塵埃・腐食性ガス等がかかる場所、急激な温度変化の起こる場所、直射日光のあたる場所での使用及び保管は避けて下さい。
また、結露や氷結すると商品寿命や特性に大きな影響を及ぼします。

 

 

  • 戻る
ページトップへ戻る