• センサ、タッチセンサの日本語ページ
  • sensor,touch sensor English site

一般使用上のご注意

磁気センサ 一般使用上のご注意

前にもどる

外部磁気について

検出部に残留磁気を持った物が有る場合、検出や復帰動作に影響を与えますのでご注意下さい。

磁性金属について

検出面方向に磁性金属(鉄、ニッケル等)があると検出感度に影響を与えますのでご注意下さい。

磁気発生源について

磁気センサの周辺に磁気発生源(モータ、ソレノイド等)がある場合、誤動作しないことをご確認の上ご使用下さい。

周辺金属の影響について

当磁気センサの周辺に残留磁気を持った磁性体がある場合は、検出距離が変化しますので、取付け位置や方向にご注意下さい。

2線式タイプの場合

  • 負荷無しで電源に直接接続しないで下さい。内部回路を破損する恐れがあります。
  • 磁気センサがONのとき、内部インピーダンスにより2線の両端には残留電圧Vsが生じています。
    このため、負荷にかかる電圧VFは電源電圧より残留電圧分低くなりますので、負荷の電圧が動作電圧範囲になることをご確認の上ご使用下さい。
  • 磁気センサがOFFのときでもわずかな消費電流(漏れ電流)が流れます。このため、負荷に電圧が残り復帰不良が起こる場合があります。この場合、負荷と並列にブリーダ抵抗を接続して、負荷にかかる電圧を復帰電圧以下になるようにして下さい。

磁気センサの取付けについて

取付け部周辺の材料が磁性金属の場合は、検出感度が大きく変化する場合があります。当磁気センサの取付け部や周辺に磁性体がある場合は、当磁気センサとマグネットテープの距離以上に離し、充分に検出特性を確認の後にご使用下さい。

使用環境について

水・油・薬品・塵埃・腐食性ガス等がかかる場所、急激な温度変化の起こる場所、直射日光のあたる場所での使用及び保管は避けて下さい。
また、結露や氷結すると、製品寿命や特性に大きな影響を及ぼします。

 

 

  • 戻る
ページトップへ戻る