• センサ、タッチセンサの日本語ページ
  • sensor,touch sensor English site

用語のご説明

CANopen対応傾斜センサ 用語のご説明

前にもどる

CANopen

ドイツの非営利団体CAN in Automation(CiA)が策定した規格でCANをベースとした通信プロトコルです。EN 50325-4として欧州規格にもなっています。

CAN

正式名称はController Area Networkと言い、ドイツのロバート・ボッシュ社で開発された通信規格です。ISO11898として国際規格にもなっております。元々、車載ネットワーク用として設計されているため耐ノイズ性、リアルタイム性に優れています。

オブジェクトディクショナリー

すべてのCANopenノードが持つデータテーブルで、ネットワーク経由でアクセス可能なすべてのデータを保持します。このデータを読み書きすることでノードに命令を与えたり、センサのデータを読むことができます。

FIRフィルタ

マイコン等の演算により実現されるデジタルフィルタの一種です。

CAN インターフェース2.0B アクティブ

CANの通信にはデータ内容や送信ノードを識別するための識別子が含まれます。識別子は標準では11bitですが、拡張として29bitの形式もあります。CAN インターフェース2.0B アクティブとは識別子29bitの拡張形式を送受信できることを示しています。

 

 

  • 戻る
ページトップへ戻る